子どもとのコミュニケーション【講座紹介】子どものやる気と考える力を引き出す講座  


【子どものやる気と考える力を引き出したい人】にお知らせです^^

 

10月26日(木)18:00~塩尻市えんぱーくで、子どものやる気と考える力を引き出すワークショップを開催いたします。

私は開催支援協力者の立場で、会場にいる予定です。

ご参加のみなさまにお会いできますことを楽しみにしています。

=============

わたし自身は、「性の健康」教育・学習支援が専門テーマ。
その中で、必ず、と言っていい程出てくるのが、子どもと性のことをどう話したらいいのか?という大人からのご質問。

性のことは、家庭の中で、突然、話題にするのは難しい場合があるかもしれません。
性の話をしにくいと感じる大人は多く、それが自分の子どもになれば、気恥ずかしさもあり、さらに話しにくいのですね。

ですから、思春期真っ盛りの子どもと、コミュニケーションが成立している、という前提が必要だと思うのです。

「性の健康」の具体的な学びの中に、コミュニケーション、は必須です。

子どもたちのやる気を引き出すこと、考える力を引き出すこと、も同じで、円滑なコミュニケーションが大事だというのは理解しやすいことです。

尋問・詰問・追い詰める、では、子どもならずとも、心は開きませんよね。

 

 

講師の藤代さんは、スポーツを通して、メンタルトレーニングの実績豊富、その中で、子どもへのしつもん、でやる気と考える力を引き出して、成果を上げてきたそうです。

そのお話は、分野を問わず、お子さんや部下、スタッフ等々への対応に参考になることが多く、わかりやすいとお薦めできます。

楽しく、有意義、翌日から使える具体的なことが分かる、そんなワークショップになります。

会場でお会いできますのを楽しみにしています。

 

=======================

●対象
子どもたちと関わる、コーチ、先生、指導者

※子どもたちの年齢は幅広く考えていただいてかまいません。

●開催
2017年10月26日(木)18:10~19:40(17:50開場)
塩尻市 えんぱーく(市民交流センター)5階イベントルーム

アクセス:http://enpark.info/access.html

●資料代:3000円

●こんな方におすすめです
・コーチ、指導者として子どもたちと関わっている
・子どものやる気を引き出したい
・子どもには自ら考えて行動して欲しい
・目標を持ち、自発的にトレーニングに励んでほしい
・継続的なやる気を引き出したい

●こんなことが学べます
・しつもんメンタルトレーニングが考える主体的で深い学びの実践
・自ら学びはじめるやる気を引き出す
・続くやる気と続かないやる気の違いとは
・強豪チームが実践する「しつもんづくり」
・子どもたちだけでも実践できる活用法

●講師プロフィール
★藤代圭一
http://shimt.jp/
:一般社団法人スポーツリレーションシップ協会代表理事
:しつもんメンタルトレーニング主宰。

☆スポーツスクールのコーチとして活動後、教えるのではなく問いかけることで子どもたちのやる気を引き出し、考える力を育む「しつもんメンタルトレーニング」を考案。
☆日本女子フットサルリーグ、サッカーインターハイ優勝チーム、をはじめ全国優勝を目指すチームから地域で1勝を目指すチームまで様々なスポーツジャンルのメンタルコーチをつとめる。
全国各地のスポーツチームや学校教育の現場などでワークショップを開催し、スポーツ指導者、保護者、教育関係者から「子どもたちが変わった」と高い評価を得ている。
☆2016年からは全国各地にインストラクターを養成。その数は200名を超える。ビジョンは「1人でも多くの子どもたち・選手が、その子らしく輝く世の中をめざして」。

☆著書:”スポーツメンタルコーチが教える「子どものやる気を引き出す7つのしつもん」(旬報社)”がある。

http://shimt.jp/